【感想・見どころ紹介】St Paul’s Cathedral(セントポール大聖堂)に行ってみた【チケットの取り方も解説】

セントポール大聖堂 外観

こんにちは、りんです。

ロンドンの観光地としても超定番のSt Paul’s Cathedral(セントポール大聖堂)が、その知名度の通り観光地としてもとても良かったので紹介したいと思います。

目次

1. St Paul’s Cathedral(セントポール大聖堂)とは

言わずと知れたロンドンの有名な大聖堂。

最初のセントポール大聖堂は607年に建設されましたが、天災(落雷による火事)やヴァイキングによる焼き払いにより何度か再建され、現在のセントポール大聖堂は1675年から35年かけて建築されたもの。

誰でも歓迎という雰囲気で「パンフレットにも毎日の礼拝にいつでも参加ください」とあります。

①大聖堂のある1階②螺旋階段を登って行く展望台③英国の発展に貢献した人々が埋葬される地下1階があります。

英国で最も有名であるだけあってステンドグラスや礼拝堂、クワイヤ(聖歌隊が歌うところ)、偉人等の石碑など、どれも息を呑むくらい壮大で迫力があり、ロンドンに行くなら是非訪れていただきたい場所。

St Paul’s Cathedral(セントポール大聖堂)
  • 規模     小★★★★☆大
  • 人の多さ   少★★★☆☆多
  • 見る時間目安 2〜3時間程度
  • 入場料    大人 20.5ポンド (Web予約の場合)
  • 音声ガイド  有り(無料)
  • 公式HP     https://www.stpauls.co.uk
  • トイレ    有り(地下)
  • 写真撮影   可※ただしイベントや礼拝中は不可
  • ビデオ撮影  不可

2. セントポール大聖堂への行き方と営業時間

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロンドンで働くアラサーのりんです。

ロンドン生活やヨーロッパ旅行のレビュー・感想・役立ち情報や投資・自己学習についてのブログ記事を書いています。

ロンドンに行くなら英語を勉強しないとまずいと思い、勉強して点数を200点以上あげ日本出国前に何とかTOEIC920点を獲得。

投資や節約が好きで、資産運用(投資歴3年)+節約により20代で総資産2,000万円を達成。

これらの経験を元に書く記事が役立てば幸いです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次