【ダイアナ妃が暮らした】”Kensington Palace(ケンジントン宮殿)”の見どころをご紹介【ロンドン中心部】

ロンドン ケンジントン宮殿

こんにちは、りんです。

ロンドン西部、ケンジントン・ガーデンズ(公園)の中にある“Kensington Palace(ケンジントン宮殿)”はダイアナ妃やヴィクトリア女王が実際に住んでいた宮殿で、現在は一般公開されています。

ハンプトンコートなどの宮殿と比べるとこぢんまりしており、どちらかというと家に近いイメージで、より生活感が感じられます。

ロンドン中心部なのでアクセスも良く、宮殿のあるケンジントン・ガーデンズも綺麗なのでおすすめです。

目次

1. Kensington Palace(ケンジントン宮殿)とは

ロンドン ケンジントン宮殿

“Kensington Palace(ケンジントン宮殿)”とは、ロンドン中心部(西側)のKensington Gardens(ケンジントン・ガーデンズ)の中にある、17世紀に建設された宮殿で、ダイアナ妃が最後に暮らしていた場所として有名です。

ヴィクトリア女王もここで生まれ育っており、実際にヴィクトリア女王が育った部屋や、遊んでいたおもちゃなどを見ることが出来ます。

ケンジントン・ガーデンズの花々は手入れが行き届いていてとても綺麗なので散歩にもおすすめです。

宮殿の敷地内にはダイアナ妃のメモリアル・ガーデンという庭園もあります。

宮殿という割にはこぢんまりしており、ロンドン中心部からのアクセスも良いため、手軽に回れるのが特徴です。

建設と同じ17世紀に行われたケンジントン宮殿の拡張は、当ブログにもよく登場する建築家クリストファー・レンが担当しています。

\手っ取り早く見どころを知りたい方/

ここで暮らしていた王族
  • マリー女王2世
    (Queen Mary Ⅱ, 1690s)
  • ジョージ国王3世
    (King George Ⅱ, 1700s)
  • ヴィクトリア女王
    (Queen Victoria, 1800s)
  • ダイアナ妃
    (Princess of Wales Diana, 1990s)
ロンドン ケンジントン宮殿
ケンジントン宮殿の特徴
  • 宮殿の割にこぢんまりしているので比較的短時間で回れる
  • ロンドン中心部にあるので行きやすい
  • “宮殿”というより”家”に近く、より生活感を感じられる
Kensington Palace (ケンジントン宮殿)
  • 規模      小★★★☆☆大
  • 見る時間目安  1〜2時間程度
  • 予約      必須 (推奨)
  • 入場料
    大人      24ポンド
    子ども     12ポンド
  • 公式HP
    https://www.hrp.org.uk/kensington-palace/#gs.9xldkq
  • 開館時間
    月〜日曜日 10:00〜18:00 (最終入場 17:00)
  • 行き方
    “Notting Hill Gate”駅から南東へ徒歩15分
周辺の観光地
合わせて読みたい

宮殿からの景色↓

ロンドン ケンジントン宮殿

2. ケンジントン宮殿への行き方

住所:
Kensington Gardens, London W8 4PX
行き方:
Central line “Queensway”駅から南へ徒歩10分
Central line, Circle line, District line “Notting Hill Gate”駅から南東へ徒歩15分
Circle line, District line “High Street Kensington“駅から北東へ徒歩12分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロンドンで働くアラサーのりんです。

ロンドン生活やヨーロッパ旅行のレビュー・感想・役立ち情報や投資・自己学習についてのブログ記事を書いています。

ロンドンに行くなら英語を勉強しないとまずいと思い、勉強して点数を200点以上あげ日本出国前に何とかTOEIC920点を獲得。

投資や節約が好きで、資産運用(投資歴3年)+節約により20代で総資産2,000万円を達成。

これらの経験を元に書く記事が役立てば幸いです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次